適温塗料

夏の熱い日差しをはね返すことはもちろんのこと、塗料じたいで建物に熱を伝えにくくしたり、熱を逃がさないようにして、一年中自然に快適な温度空間づくりを目指す塗料です。
夏に建物の中が暑くなるのは、太陽の力で建物が熱くなるためです。特許技術である「適温塗料」を屋根・壁・床に塗ることにより、建物をほとんど熱くしないようにすることができます。
夏は木陰の涼しさ、冬はガラス窓越しの暖かさが実感出来る塗料です。

季節の変化と塗料の役割

春:冷暖房をつけなくても
建物外側は冷たい・室内は自然な温もり
窓の開け閉めだけで、室内を快適な温度に保てる。
・室内上空間の温かい空気の熱が屋根素材を伝って逃げず(保温効果)、室内の自然の暖かさがたもてる。
・屋根からの熱が室内の空気に伝わらず、風の通りだけで、自然の涼しさを感じられる

夏:夏でも冷房は控えめに
建物外側は熱くならない、室内は自然な涼しさ。屋根からの熱が室内の空気に伝わらず、冷房の使用が減らせる。

秋:季節を感じる温度に
建物外側は冷たい、室内は自然な温もり
・窓を閉めれば温かい空気で保温でき、窓を開ければ自然の風で涼しさが感じられる

冬:暖かさを逃がさない
建物外側は冷たい、室内は暖かい
・室内空間の温かい空気の熱が屋根・壁・床素材を伝って逃げず(保温効果)、暖房の使用が減らせる